トップページ > 劇場公開作品 > 夜明けの祈り

劇場公開作品
LINEUP

夜明けの祈り

2017年8月5日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
1945年、ポーランドの修道院で起こった衝撃の事件。
これは、若きフランス人医師の、心揺さぶられる真実の軌跡。
1945年12月のポーランド。赤十字の施設で医療活動を行う若きフランス人医師マチルドのもとに、シスターが助けを求めてやってくる。担当外であることを理由に一度は断るマチルドだったが、何時間もひたむきに神への祈りを捧げる姿に心動かされ、遠く離れた修道院へと出向く。そこでマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦悩する修道女たちだった。かけがえのない命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、この世界で孤立した彼女たちの唯一の希望となってゆく……。
第42回セザール賞 4部門ノミネート/フランス映画祭2017 エールフランス観客賞受賞
監督&翻案:アンヌ・フォンテーヌ『ココ・アヴァン・シャネル』『ボヴァリー夫人とパン屋』
出演:ルー・ドゥ・ラージュ『待つ女たち』『世界にひとつの金メダル』、アガタ・ブゼク『イレブン・ミニッツ』、アガタ・クレシャ『イーダ』
2016年/フランス=ポーランド/フランス語、ポーランド語、ロシア語/1時間55分/アメリカンビスタ/カラー/音声5.1ch/原題:Les Innocentes/日本語字幕:丸山垂穂
© 2015 MANDARIN CINEMA AEROPLAN FILM MARS FILMS FRANCE 2 CINÉMA SCOPE PICTURES
提供:ニューセレクト、ロングライド 配給:ロングライド 
後援:アンスティチュ・フランセ日本/フランス大使館 協力:ユニフランス 推薦:カトリック中央協議会広報
Pagetop