トップページ > 劇場公開作品

劇場公開作品
LINEUP

now showing
公開中

婚約者の友人

2017年10月21日(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
1919年、戦後のドイツ。愛する人の墓の前で泣いていた見知らぬ男。
彼の正体が明かされた時、新たな謎の扉が開く──
1919年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツを亡くし悲しみの日々を送っていたアンナは、ある日、フランツの墓に花を手向けて泣いている見知らぬ男に出会う。

ジュリーと恋と靴工場

2017年9月23日 (土・祝) 新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
”赤い靴”を選んだ瞬間、私たちは自由へと歩みだす!
心躍る、フレンチ・コメディ・ミュージカル
25歳、職なし、金なし、彼氏なしのジュリーは、フランス・ロマンにある靴工場での仕事にやっと就く。しかし、そこは近代化の煽りを受けて工場閉鎖の寸前だった。

ギミー・デンジャー

2017年9月2日(土)新宿シネマカリテほか全国順次公開
鬼才ジム・ジャームッシュから、
史上最高のロックンロール・バンド”ザ・ストゥージズ”へのラヴレター
過激なライヴ・パフォーマンスにより”淫力魔人”なる邦題も過去に登場した、〈ゴッドファーザー・オブ・パンク〉イギー・ポップ。今まで映像で語られたことのなかった伝説のバンド、ザ・ストゥージズの軌跡を綴るドキュメンタリー。

パターソン

2017年8月26日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
妻にキスをし、バスを走らせ、愛犬と散歩する、いつもと変わらない日々。
それは美しさと愛しさに溢れた、かけがえのない物語。
ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

夜明けの祈り

2017年8月5日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
1945年、ポーランドの修道院で起こった衝撃の事件。
これは、若きフランス人医師の、心揺さぶられる真実の軌跡。
1945年12月のポーランド。赤十字の施設で医療活動を行う若きフランス人医師マチルドのもとに、シスターが助けを求めてやってくる。担当外であることを理由に一度は断るマチルドだったが、何時間もひたむきに神への祈りを捧げる姿に心動かされ、遠く離れた修道院へと出向く。

Coming Soon
近日公開

The Only Living Boy in New York(原題)

2018年4月、新宿ピカデリーほか全国順次公開
大学卒業を機に親元を離れた主人公は、同じアパートに住む小説家の男と出会い、彼から人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せる女の子と行った店で、偶然に父とその愛人の密会を目撃したことから、思わぬ事態に展開していく。

ハッピーエンド

2018年3月3日(土)角川シネマ有楽町ほか全国順次公開
老いと死に向き合い「愛の終末」を描いた『愛、アムール』で、世界中から絶賛され、カンヌ国際映画祭パルムドール、アカデミー賞外国語映画賞に輝いたミヒャエル・ハネケ監督。彼が次に描いたのは、不倫や裏切りなど、それぞれに秘密を抱える、あるヨーロッパの裕福な壊れゆく家族の物語。

デトロイト

2018年1月26日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開
1967年、米史上最大級の暴動勃発。
街が戦場と化すなかで起きた、“戦慄の一夜”
1967年7月、暴動発生から3日目の夜、若い黒人客たちで賑わうアルジェ・モーテルに、銃声を聞いたとの通報を受けた大勢の警官と州兵が殺到。そこで警官たちが、偶然モーテルに居合わせた若者へ暴力的な尋問を開始。やがて、それは異常な“死のゲーム”へと発展し、新たな惨劇を招き寄せていくのだった…。

ベロニカとの記憶

2018年1月20日(土)シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
奇妙な遺品が呼び覚ます、40年前の青春の秘密──。
人生の謎を自ら解き明かす感動のミステリー。
60歳を過ぎ、引退生活を送るトニーの元にある日、見知らぬ弁護士から手紙が届く。あなたに日記を遺した女性がいると。その女性とは、40年も前の初恋の人ベロニカの母親だった。
Pagetop